2021年3月27日土曜日

電車の旅44回目

JR中央線快速豊田行!東京駅発車!



保守作業時間を拡大し、鉄道工事における作業従事者の働き方改革の推進や鉄道設備の設置・保守のスピードアップによるサービス向上を図るとともに、新型コロナウイルス感染症の拡大を契機としたお客さまの行動様式の変化に対応するため、2021/3/13(sat)からJR中央線は東京~大月間の終電繰り上げを行いました。下りは東京駅を0時05分以降に発車する電車が廃止され、終電が30分程度繰り上げました。

2020年3月14日土曜日

電車の旅43回目

JR中央線快速東京行!御茶ノ水駅発車!



2020/3/14(sat)から早朝・深夜のJR中央線は快速で運行し、JR中央・総武各駅停車は三鷹~千葉間の運行に変更されました。これにより、JR中央線は御茶ノ水~三鷹間を併設されたJR中央・総武各駅停車の線路を使用して各駅停車で運行を、JR中央・総武各駅停車は御茶ノ水~千葉間のみの運行、JR中央線との直通運転をそれぞれ取りやめました。JR中央・総武各駅停車の各駅にホームドアの設置を予定していることから、時刻や運転区間、運転本数が変更となりました。目的地までの所要時間が増えた電車もあります。全ての東京行の電車が神田、終点東京に停車します。

2019年11月30日土曜日

電車の旅42回目

12000系 相鉄本線 横浜駅発車!



12000系は2019/4/20(sat)から営業運転を開始しました。相鉄本線の横浜~海老名間、相鉄いずみ野線の二俣川~湘南台間、そして2019/11/30(sat)に開業した相鉄・JR直通線の新宿~海老名間を走っています。JR埼京線の新宿~大宮間、JR川越線の大宮~川越間は通常走りません。車両の仕様は相鉄・JR直通線で使用されているE233系7000番台と極力合わせられています。車内はオールロングシートで、情報案内装置が各ドア上に設置されています。また、行先表示器はフルカラーLEDとなっています。車内防犯カメラが設置されています。12000系は2019年度のグッドデザイン賞を受賞しました。急行は速達種別のなかでは最も本数が多いです。横浜駅では15時以降全ての電車で整列乗車を行っています。